治療院の概要

1981年に静岡県浜松市で開業をしてから延べ20万人にも及ぶ患者様にご利用頂いております。
症状は多種多様で、その方に合った最良の治療をさせて頂いているうちに、当院で受け入れられる症状の幅の広さと鍼灸を中心とした治療効果の奥深さを感じています。
当院の治療の基本は、症状のプロセスから治療するということです。
痛みや運動制限を起こしている症状のほとんどは、原因が他のところにあると考えられます。したがってまずはその症状を引き起こしているプロセスを改善していかないと、なかなか軽減していかないのです。
そのプロセスを見出すための方法としてPCM身体連動理論を活用して数多くの手技法、鍼灸法を含めたフィジカルセラピーを行います。

治療院名 北療センター札幌本院
場所 札幌市中央区宮の森4条6丁目2−20
受付時間 9:00 〜 18:00(土曜日 9:00 〜 12:00)
休診日/日曜・祝日
お問い合わせ 011-676-5775

機能医療

突然ですが、ドアが開かない!
さてどのように治しましょう?
実は身体を治すのも同じように「さてどのように治しましょう?」
と考えます!
身体を治すと考えるとなかなか分かりにくいので、ドアを開けれるように治すと考えてみると医療の分野も少し分かりやすくなると思います!
そして北療の医療もご理解頂けるかと思います!

では皆さん家のドアが開かなくなりました!
まずは、何で開かないのか原因を探します!
実はここがとても重要なポイントです!
大きく分けて三つ原因があります!

①ドアが腐ったり、蝶番がわれたりしてドアその物の形状が変化してしまい開かなくなった場合

これはドアや蝶番を交換して治すしかありません。

②もうひとつは、形状には何ら問題がなく、蝶番の油が切れてたり、留め具のネジが弛んでいたり、蝶番が歪んでいたりして開かなくなった場合

この場合は、油を挿したり、蝶番の調整したりして治します!

③最後は①②が両方ある場合

医療の分野もこの三つの原因があります!
そして多くの医療は①のように器質が変化した物を疾患(病気)ととらえて治します!
もうひとつの②のように機能が変化した物を治す手立ては物理的(理学的)に治します。
実は医療の分野では、まだまだ発展途上の医療となっています!
私はスポーツ医療や高齢者医療の中で機能の改善を目指してはや四十年余り進んできました。
これからの社会環境を考えて行くと、機能の改善(機能医療)はますます重要なセクションになると思います。
そのためにも日々精進し機能医療の向上に努力して行きたいと思っております。

施術メニュー

腰痛専門治療 5,000円

病名 筋筋膜性腰痛症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間関節炎、仙腸関節炎、股関節症
施術方法 ※症状によって変わります。
アイスマッサージ
PCMテーピング
超音波法
冷温リンパ代謝法
ていしん法
温灸療法
振動療法

肩こり専門治療 5,000円

病名 頚椎症、胸郭出口症候群、自律神経失調症、むちうち
施術方法 ※症状によって変わります。
アイスマッサージ
PCMテーピング
超音波法
冷温リンパ代謝法
ていしん法
鍼療法
振動療法
パーソナルマッサージ

五十肩専門治療 5,000円

病名 インピジメント、鍵盤損傷、上腕二頭筋腱炎、腰痛症
施術方法 ※症状によって変わります。
アイスマッサージ
アジャスター法
温灸療法
冷温リンパ代謝法
PCMテーピング
超音波法
鍼療法
振動療法

膝痛専門治療 5,000円

病名 半月板損傷、靭帯損傷、膝蓋骨炎、腓骨炎、腸脛靭帯炎、関節包炎、足関節捻挫
アイスマッサージ
PCMテーピング
超音波法
温灸療法
振動療法
パーソナルマッサージ
冷温リンパ代謝法
現在治療している患者さまの病名 4,320円~6,480円
2017.5.1現在
後頭神経痛、頚部捻挫、頚腕症候群、テニスエルボー、野球肘、手根管症候群、断発指、ヘパーデン結節、拇指腱鞘炎、頸椎ヘルニア、片頭痛、三叉神経痛、顔面神経痛、不眠症、眼瞼痙攣、肋間神経痛、肋軟骨障害、腰椎椎間板ヘルニア、椎間関節炎、仙腸関節炎、梨状筋症候群、坐骨神経痛、膝関節炎、鵞側炎、膝蓋骨炎、シンスプリント、足根関節炎、外反母趾、踵骨炎、足底筋膜炎、突き指、ショパール炎、腓腹筋損傷(肉離れ)、アキレス腱炎、ハムストリング損傷、股関節症、腸脛靭帯炎、鼠径靭帯炎、恥骨炎、剣状突起炎、乳腺炎、胸鎖関節炎、自律神経失調症、便秘、過活動膀胱、額関節炎、不正脈、メニエル、パーキンソン、関節リウマチ、魚の目、鼻炎、機能性耳鳴り、機能性めまい、機能性不妊、打撲痛、膝ネズミ、顎関節炎、胸郭出口症候群、生理痛、変形性膝関節症、老人性脊椎症、変形性肘関節症、本態性高血圧症、上腕二頭筋長頭炎、梨状筋症候群、横隔膜症候群、胃アトニー、仮性近視、アトピー性皮膚炎、運動性の筋筋膜痛、五十肩(肩関節周囲炎)、痙性斜頸、痙性麻痺(脳性麻痺)、弛緩性麻痺、顔面神経麻痺、下腿浮腫、不定愁訴、小児疳の虫、オネショ、喘息、歯痛、発熱(解熱)、機能性難聴、脊椎過敏症、蓄膿症、冷え性、大腰筋性筋筋膜症、起立筋性筋筋膜症、腰方形筋性筋筋膜症、知覚過敏症、知覚鈍麻症、坐骨神経痛、更年期障害、痛風、捻挫、眼精疲労、生理不順、ヘルペス、術後疼痛(ケロイド)

施術方法

スポーツ医研のご紹介

1980年、モスクワオリンピックの強化選手を診ていた私は彼らとともにその舞台を夢見ていました。しかし日本は政治的な理由で参加拒否を表明したのでした。彼らのトレーニングの厳しさを知っていただけに無念の涙は忘れることはできません。
これがきっかけで、大会に参加できない、目標を達成できない理由になるケガがついての研究を進めることにしたのです。
ケガをするまでのプロセス、ケガの防止は勿論、潜在的な能力を引き出しスキルアップにつながるケアを研究し、体系化しました。
これはパワーもスキルも違う愛好家からプロに至るまでそれぞれの形で楽しみ、感動できるパフォーマンスのお手伝いができるものと信じております。

保険取扱のお知らせ

北療センターでは今までより良い治療を目的として自由診療を主体としてまいりましたが、多くの方からのご要望により「保険診療」の準備をしてきました。
平成22年1月より院内および訪問治療の保険を取り扱わせていただきます。
患者様のご負担を少しでも軽減できるよう努力していくとともにより喜ばれる治療に精進していきたいと考えております。

健康保険を利用するには、医師の「同意書」が必要です。
書類は当院に備え付けております。

札幌市国民健康保険市町村国民健康保険、社会保険および、後期高齢受給者が適応できます。
(組合保険、共済保険は患者様からの請求か、場合によっては適用できないこともあります。)

健康保険以外で取り扱える保険としては、「生活保護法の医療扶助」「労働者災害補償保険 (労災)」「自動車損害賠償責任保険(自賠責)」が有ります。
詳しい内容についてはご相談下さい。

札幌市国民健康保険の場合

保険で受けられる病名は下記の9つです。
医師に相談し「同意書」を書いて頂いて下さい。
かかりつけの医師がいない、同意書がいただけない等の場合は当治療院にご相談下さい。

  • 神経まひ
  • 神経痛
  • 関節痛
  • 腰部ねんざ
  • リウマチ
  • 頸腕症候群
  • 五十肩
  • 腰痛症
  • その他類症疾患

市町村国民健康保険、社会保険および、後期高齢受給者の場合

保険で受けられる病名は下記の6つです。医師に相談し同意書を書いて頂いて下さい。
かかりつけの医師がいない、同意書がいただけない等の場合は当治療院にご相談下さい。

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 頸腕症候群
  • 五十肩
  • 腰痛症
  • 頚椎捻挫後遺症

生活保護法の医療扶助の場合

保護を受けている福祉事務所ではり灸の治療を希望する旨をご相談下さい。保険と同じように治療を受けることが出来ます。

労働者災害補償保険(労災)の場合

労災規定の診断書を医師から受け、勤務先で請求書に必要事項を記入されると、はり灸の治療を受けることが出来ます。